ニキビができる原因~思春期ニキビと大人ニキビ~

顔を洗っている女性

そもそも、なぜニキビができてしまうのでしょうか。どんなに丁寧に洗顔していても、肌トラブルが繰り返し発生してしまうという人も少なくはありません。特に女性の場合は、ホルモンバランスなどが影響していることもあります。年齢や肌質などによっても、原因は変わってくるでしょう。まずはニキビができてしまう原因を知ることが大切なのです。

小学生や中学生の頃から肌荒れに悩んでいる人も、たくさんいることでしょう。この時期のニキビは、思春期ニキビと呼ばれています。思春期になると、皮脂の分泌を高める&ロゲンというホルモンが増加します。これによってTゾーンや鼻周りなど、皮脂が出やすい箇所にニキビが発生してしまうのです。
20代頃になるとホルモンバランスは安定してくるので、それと同時に思春期ニキビは改善されていくでしょう。しかし適切な対処が必要であり、放っておくとニキビ痕が残ってしまうので注意が必要です。

思春期を過ぎ、大人になってから発生するニキビを大人ニキビや吹き出物と呼びます。この場合は、不規則な生活やストレス、飲酒喫煙や間違った肌ケアなど様々な要因が重なっているといわれています。そしてこれらの要因によって肌のターンオーバーのリズムが乱れ、角質や毛穴の汚れが溜まり吹き出物が発生してしまうと考えられています。
大人ニキビは同じ箇所に発生しやすく、治りにくいというのも特徴です。肌質も皮脂の分泌が多くて脂っぽい状態の思春期に比べると、大人は角質が厚くなり乾燥している状態になります。
このように、思春期ニキビと大人ニキビの発生のメカニズムには大きな違いが見られます。しかし、どちらも毛穴や角栓に皮脂や汚れが溜まることで吹き出物ができてしまうのです。
また、糖分や油分が多い食事を過剰に摂取することで、どちらの場合も皮脂分泌が促進されて肌荒れが悪化してしまうのです。これらを悪化させないためには、正しい方法で治療を進めることが大切です。

思春期ニキビの場合は、過剰に分泌された皮脂を落とす必要があります。優しく肌を傷つけないように洗顔し、常に清潔な状態を保たなければなりません。そして刺激が少なく思春期でも使用できる化粧水や保湿剤で肌を守っていくことが重要になります。
大人ニキビも同様に、肌を優しく守りながら洗顔や化粧水、保湿を行なっていくことが大切です。さらに大人の場合は、生活習慣を見直す必要があります。健康的な食生活や良質な睡眠、規則正しい生活リズムに改善していかなければなりません。他にも、ストレスを感じている場合は上手にリフレッシュをしたり適度な運動をすると効果が上がります。
そして、どちらの場合も悪化したりニキビ痕が残ってしまうことがないように、肌トラブルが発生したら早い段階で適切な処置をすることが重要になります。酷い炎症が続いていたり吹き出物がどんどん増えてしまうといった症状などは、必要に応じて皮膚科専門医など医療機関を受診することをおすすめします。

関連記事
ブレストサクセスカプセルを飲んで憧れのサイズにバストアップ 2019年12月27日

ニキビの発生には、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが影響しているといわれています。そのため、男性ホルモンの働きを抑えてくれる低用量ピルはニキビ改善にも効果的です。このように、ホルモンバランスやホルモンから受ける影響は大きいといえます。女性は特にホルモンの影響を受けやすく、肌や生理周期などに限らずボディラ...

ニキビ知らずの美肌を作るスキンケアについて 2020年01月11日

できてしまったニキビに対しては、しっかりと正しい方法で治療をしていくことが大切です。中途半端に放置せず、ニキビ痕にならないように綺麗に完治させましょう。しかし、完治したからといってケアを怠ってはいけません。その後にニキビが繰り返されないように、トラブルが起こりにくい肌環境を作り出すことが大切なのです...

ニキビ治療に低用量ピルのダイアン35という選択肢がある 2019年12月08日

ニキビの治療法には、市販薬や医療機関からの処方、専門医による施術など様々なアプローチがあります。これらの治療法は、ニキビの状態に合わせて適切に処置していかなければなりません。また人それぞれ肌質やニキビの状態が違うので、合う合わないがあることを忘れないようにしましょう。ニキビの治療を始めるには、まずど...

薬局で買える!ニキビの改善に効果がある治療薬 2019年11月21日

初期のニキビや軽度な炎症の場合は、薬局などで購入できる市販の治療薬もおすすめです。また、通販で購入できる治療薬を使用したり医療機関を受診するまでの応急処置として使用するのも1つの方法です。ニキビは状態によって治療方法が異なります。炎症が起きている赤いニキビや小さな白いニキビ、角栓が詰まっているような...